横浜にあるマクロビオティックの小さな教室の日々の事。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< かっこよかったぁ | main | ソウルは楽しいその2 >>
とにもかくにも間に合った。ソウルその1
JUGEMテーマ:日々のくらし
JUGEMテーマ:韓流♪
JUGEMテーマ:韓国
 
急に決まった今回の旅・・・
目的はただひとつ!!大好きなウックンの
舞台を観に行く事
当初、早朝の便を探していたのだけど・・・
とにかくギリギリすぎて、売り切れ・・・
だったので、やっと確保できたコリアンエアー、
羽田発12:20発のエアーで14:20に金浦着
の予定だったのだけど・・・
これが・・・なんと40分近く遅れの出発
私の予定では、15:00に金浦を出て市内には16:00くらいに
到着、→宿にチェックイン→カロスキルで早めのご飯→移動して劇場
だったのだけど・・・・
15:00過ぎに金浦到着、15:30頃にバス(市内行き)は来たものの、
途中から大渋滞〜チェックインできたのは、
なんと17:00焦る焦る・・・だって開演は18:00
部屋に入り、ウックンへのお土産を出し、ダッシュで駅へ・・・
駅はお隣なので、ラッキーだったけど・・・
機内食もおいしそうではなかったので、朝、羽田でちょろっと食べた
きりなので・・・お腹はすいてるし、しかも、ソウル暑いし
でヘロヘロになりながら会場へ・・・


で会場に着いたのが・・・開演3分前・・・
ロビーでちょっと喉を潤し、席へ・・・ふぅ
席に着いてちょっとしたら、始まりました〜のウックン登場
ひぃ〜ん素敵すぎ〜




カーテンコールはライブ会場のように大盛り上がり
楽しかったなぁ

で、舞台も終わり・・・すんごーくお腹が減っていたけど、
プレゼントを渡さなきゃ
このプレゼントが・・・ちょっと多くて・・・重かったの・・
スタッフのお姉さんに聞いたら「ここにいて!」と言うでは
ありませんか!なので、待ちましたよ。
30分くらいかなぁ。そしたら、ウックン登場
くぅ〜かっこよすぎ〜っ
無事プレゼントも渡し、ちょびっとお話して、カンドンでポーっと
してたら、母が「下に行けばまた会えるよ〜」というので、
ウックンを追いかけ、一緒のエレベーターには乗れなかったけど、
下に下りたら前方にウックンがいる〜
これは行かなくては!なーんて思い行きながら、
「ジェウク〜」と言ったらまさかの立ち止まり&振り向きで・・・
ドキドキ度心臓バクバクしながら、「握手してください」と言ったら、
「プレゼントありがとう!」と言ってぎゅっと握手してくれて・・・
カンドン(感動)な私・・・
ポーっとしてしまいました・・・
幸せすぎる・・・
幸せタイムをひきずりながら・・・車に乗るウックンをお見送り。
スーッと車の窓を開けてくれて、手を振るウックンなのでした
ウックン最高!やさしすぎるぅ


で、パンフなんんかを買おうと思って1Fでエレベーターを待っていたら、
次の回に出るキム・ドンワンが!
目の前にいるではないですか!パーカーのフード
をかぶり(お決まりの格好ね。)ファンの子達はキャーキャー
思ったより小さかったキム・ドンワンでした。
そうだ、ジェウクが出て来た時、ドンワンのファンは
ジェウクの事なんてチラリとも見ずだったわ

この時もう21時をすぎていた・・・
COEXモールにならなにかご飯を食べる所があると
思ったので、ウックンが素晴らしいすぎるぅ〜と話ながら、
COEXモールへ・・
いつも気になっていた入り口にある「Marche」というお店へ・・・
ここは好きなもの(サラダ、パスタ、パンほかにも色々あるのだけど)
を取って食べるスタイルのお店なのね、
私はトマトパスタを作ってもらい。(具とか自由に選べるの)
母はパンとコーヒー。

(パンも色々種類があって楽しい
ここでも、ウックン話で盛り上がり母はウックンの手が
キレイと言っておりました


COEXモールには!!

あらら・・・これまた素敵なお2人


LGの携帯かぁ。


何故か?ジヨン先生を指差す母・・・
隠れジヨンファンらしい・・・


とにもかくにも・・・とにかく幸せだった
日でありました・・・
ハードだったけど、楽しんでくれた母にも感謝、感謝です

今日(19日)はウックンは最終公演だったよね。
お疲れさまでしたすばらしい舞台をありがとう!!
感動したよー!!

2011・06・19(Before)





After


お疲れ〜


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://paisible.jugem.jp/trackback/517
TRACKBACK